女性と漢方


検査で異常がはっきりしない症状に漢方薬が思わぬ効用をもたらすことが少なくない。

女性と漢方

女性の身体は、思春期以降、老年期に入るまで常にホルモンの影響で変化しています。
そのため検査をしてもはっきりとした異常が見つからない体調不良に悩む方は少なくありません。ピルやホルモン補充療法などの治療にはちょっと抵抗があるけれども症状はなんとかしたい、と思われる方もいらっしゃるのではないかと思います。

そんな時、漢方薬が非常に役に立つことが多いのです。
昔から女性のための三大処方と言われている当帰芍薬散、桂枝茯苓丸、加味逍遙散など、体質や症状にあわせてうまく使って行くと、冷えやイライラ、肩コリやシミまで改善されることがあります。
他に眠れない、むくむ、足がつる、風邪予防など様々な困り事に即効性のある漢方薬もあります。
副作用チェックをしながら、安心して漢方薬を使っていきましょう。
どうぞお気軽にご相談頂きたいと思います。